空き家にならずに収入 | 不要な土地で駐車場経営をして収入生活を送ろう

不要な土地で駐車場経営をして収入生活を送ろう

 住宅

空き家にならずに収入

どちらも同じデメリット

近年よく耳にするリノベーションの影に少し隠れぎみですが、借地借家法が改正されたことで転勤者の留守宅管理が法的にも可能となりました。そのため留守中に家賃を払ってくれる人を管理人として住ませても良いことになりました。しかしまだまだ浸透の浅いリロケーションは、当然家の持ち主が留守という期間限定の賃貸ですので、一般の家賃相場よりも安い値段でしか借り手がつかないのが現状です。リロケーションでは家を長期間開ける状態は持ち主にとって、日頃の管理ができないことで起こる風通しなどによる家の劣化を緩やかにすることができることなどが挙げられます。しかし、逆に火災保険や修繕費などの各種手続きなどで、思ったよりもさまざまな手間がかかってきます。しかしこうした手続きをしてしまえば、あとは何もこれといった手間をかけることもなく毎月家賃としての収入を得ることができます。

実際住んでみて分かること

リロケーションを考えた場合、家を開けるという事で売却を考えてしまうところです。しかし一定期間で戻ってくるという前提がある場合、リノケーションという選択がオススメです。借り手の方は安い家賃で住めることのメリットの他にも、実際1戸建てという感覚が知りたいと考え借りる人も多くいます。リロケーションのメリットは想像だけではなく実際に住んでみることで分かることがたくさんあります。例を挙げると、騒音であったりゴミ出しの問題であったり賃貸物件などで、住んでいるときのような感覚ではないことを知ることができます。それに通常の賃貸物件に比べると、空調やキッチンなど家賃が安い上に設備が整っているのが最大の魅力です。一定期間での賃貸で更新がないで借りる側にとってもコストを安く済ませることができます。